versi :育毛と発毛の地上最強マニュアル

2011年04月29日

薄毛対策はシンプルに考えると成功する

薄毛対策はシンプルに。


薄毛対策を毎日の日課にして、もう30年近くになります。


いろんな情報を収集して、実行してきました。

036.JPG


育毛情報の電子ブックのレビュー
 

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜


それはさておき、育毛のコツをいいましょう。


結論から言うと「満足のいく頭髪状態」になるには、実行力を高めるとよいのです。



私は実行をしたので、その結果、年齢から言うと「平均値」に近い状態なので、自分で合格点をつけています。




決して薄毛対策は難しいものではないと、今は、考えています。



たしかに薄毛の遺伝子をもっているので、フサフサになるのは、難しい。



そこまでは、私は望まない。



本当は望んでいますが、


「人並みの髪の毛のボリュームがあればよい」


とも思うのです。



育毛をシンプルに考えると、


1.薄毛を促進する原因をとめる、抑制する



2.髪の毛を生やす作用を起こす


という二点になると思います。


薄毛を招く原因を止める、あるいは、弱めるには、


フィナスレリド(プロペシア)

ノコギリヤシ

亜鉛

ドクダミ

カボチャの種

大豆イソフラボン

などがあるのです。



ここで、大事なのは、



「薄毛を招く原因を食い止める成分を知った後、どうするか」


ということです。


育毛が難しいとすれば、


「情報を仕入れたが、実行に移せない」

からです。


今述べた、薄毛の原因を止める成分を知った後、


「なるほど、こういう成分がハゲから自分を守ってくれるのか」

と思うだけで、実際には行動に移さない。



このブログは一日100人くらい身にきてくれますが、たとえば1ヵ月後、毎日ノコギリヤシを飲んでいる人は、100人のうち5人から10人くらいか?


その点が難しいよね。



私は薄毛を招く要因を止める成分は、非常に重視しています。


プロペシアが飲めないなら、ノコギリヤシは必須と思うのですが。



「ノコギリヤシと亜鉛のサプリメントの体験レビュー」


髪の毛のためによい成分は、それほど多くないのです。


「どれかを飲む」

というのではなく、


「すべての薄毛対策成分を取り入れる」

と思うことが決め手になりました。
posted by 育毛マニュアル at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | シンプル育毛法