versi 漢方の育毛法であれば成功する:育毛と発毛の地上最強マニュアル

2015年08月08日

漢方の育毛法であれば成功する

髪の毛を太くする高橋式漢方療法の秘密

抜け毛を止め、髪を生やす「再現性」ある手法と、髪の毛を太くする育毛剤で、髪の毛を取り戻しましょう。

髪の毛を太くつややかにするノウハウとして最強、最速の「高橋式」育毛漢方を解説します。





鏡を見るたびに、高橋先生および、その著書「みるみる髪が生えてくる」(詳伝社 発行)には、感謝、感謝です。

ハゲの恐怖から、救い、その後25年間、安心していられたのは、「高橋式」育毛ノウハウに出合ったからです。

あなたもハゲの恐怖、薄毛の悩みに苦しんでいるなら、高橋由美子さんの育毛漢方療法を取り入れましょう。

それに加えて、女性ならリリィジュや柑気楼、セカンドチャンスシャンプーなど。

男性もそれたの育毛剤かアロエのマミヤンアロエ原液を使用するといいのです。

では、あなたの髪をグングン生やすノウハウを、今日も、見ていきましょう。

「みるみる髪が生えてくる」の14ページをお開きください。

「腎臓さえ健全なら脱毛(ハゲ)にならない」

とあります。

ふつう考えると、抜け毛、薄毛、若ハゲの症状が腎臓とは結び付けにくい。

私も最初は育毛剤を頭皮につけることを考えました。

ハゲと頭皮は、結び付けやすいですものね。

手をすりむいたら、そこに塗り薬をぬるような感覚です。

しかし、高橋先生は、明確に、内臓の疾患による「あらわれ」が薄毛、ハゲなのだと言います。

もちろん、先生は遺伝的要素を、無視はしていません。

遺伝的要素があっても、腎臓を健やかにし、髪の毛を生やすことができる、ということです。

遺伝的要素を認めつつも、「内臓をすこやかに保つ」ことで、ハゲは防げるわけです。

たしかに、いろんな漢方の書籍を見ても、髪の毛をつかさどるのは「腎臓」となっています。

先人の、ハゲに関する膨大な事例研究からそういったことが言えるわけです。

その腎臓を正常に働かせることで、薄毛を克服し、髪の毛は正常な生育をするのですね。

育毛の、結論を言えば、

食事に注意して腎臓を守り、さらに髪の毛の手入れをすれば、抜け毛、ハゲは防げるのです。

薄毛遺伝的要素だけではなく、薄毛遺伝的要素すら克服できるのは漢方の力が非常に効果的です。

再現性があるのです。

非常に多くの人が、「こうすれば、髪の毛が生える」というノウハウを実行し、実際に髪の毛が生えてきたのです。

誰か一人の「体験談」ではないのです。

それが、高橋式「漢方」による即効育毛法なのです。

育毛剤の利用者が、ブランド・チェンジをするのは効果がでていないからですね。

高橋式漢方育毛法は、非常に根強い利用者がいます。

いつの間にか、私も高橋式育毛実践者の一人です。

25年間、高価なハゲに関する情報商材や、オークションでハゲ治療の情報も買いました。本は数え切れません。

健康雑誌で、育毛の特集があれば、すぐに買いました。

お金と、情報、時間を頭髪に費やしてきましたが、まあ、満足しています。

そういう人生なのでしょう。

私は、高橋先生とは、何の関係もありませんが、これ以上のノウハウはないと、つくづく感じる今日このごろです。

育毛漢方で、ハゲ体質を改善するのが、一番なのです。

体質を、改善するには、漢方の力を利用しましょう。

髪の毛が増えるだけでなく、気力は充実しますし、肌もキレイになります。

漢方の力で、体だけでなく、意欲も養われます。

その点でも、「プロペシアとミノキシジルのセット」という最近の手っ取り早い手法よりも、育毛漢方のほうが優れています。

右矢印1 育毛漢方の具体策
yubi-man02-2_m.png



posted by 育毛マニュアル at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160682933

この記事へのトラックバック