versi 髪の毛とプライド:育毛と発毛の地上最強マニュアル

2013年03月17日

薄毛を治せばプライドがよみがえる

薄毛やハゲは大きな悩みになります。



ハゲていても痛くはないです。


薄毛でも命には何の別状もないです。


頭皮チェック03.png



ハゲや薄毛は病気ではないのです。



ところが・・・・・・・。



ハゲや薄毛は大きな苦しみを生みます。



その理由は、私は、現代の日本が、


「ハゲをからかう社会」


だからと思うのです。


アメリカやヨーロッパでは、ハゲ人口が多いので、


「あまり気にならない」


と思うのです。



日本では、ハゲ比率が、人口の1割から2割。


この「少数」なところが、からかいの標的にされるわけです。



「ほう、かなり額がひかってきましたなぁ。キャキャ」


「写真を撮るなら、K君のハゲ頭がハレーションを起こすので、注意して」


などと、会社や仲間内でからかわれるのです。



これでは、自尊心が保てないよね。



薄毛やハゲの人の中には、鏡を見るのが嫌いな人がいます。



薄毛やハゲの人の中には、写真を撮られること、自分の写真を見るのがイヤな人がいます。



これでは、いかんよね。



人間が生きていくなかで、一番大事jなのは、



「自己重要感」


なのです。


鏡の中の自分の姿に満足できないなら、自尊心はもてないのです。



育毛漢方によって、髪が生え、見た目に満足がいくこと。



これが、楽しい人生を送る基盤になるわけです。


薄毛やハゲは治せる症状です。


私も薄毛、ハゲの家系に生まれたので、絶望感を感じたこともありました。


昭和56年にハゲ始めたときは、ハゲ家系をうらんだものでした。



でも、漢方の育毛法なら、遺伝のハゲも治せるのです。


55歳としては平均的な髪の毛の量を維持しており、髪の毛のことで悩むことはなくなったのです。


育毛漢方療法の基礎ですが、


髪の毛を増やすには「黒いもの」を口から取り入れることです。


3黒元気パワーサプリ



漢方の知恵を活用しよう。
タグ:プライド
posted by 育毛マニュアル at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛とプライド