versi 髪の毛を育てる:育毛と発毛の地上最強マニュアル

2010年09月08日

髪の毛を育てる方法

髪の毛を育てる方法。
 
育毛と言うと、髪の毛を増やすことを意味します。
 
 
髪を増やすには育毛剤を使う人が多いのです。
 
 
薄毛治療に関する情報は、圧倒的に、育毛剤が多いからです。
 
 
ところが、育毛剤では、無駄ではないにせよ、「生えた」という実感がもてないものです。
 
 
私は、育毛剤は補助的なものと考えます。
 
 
 
メインは栄養です。
 
 
先日、鹿のツノの話をテレビでしていました。
 
 
鹿は角を伸ばしたいときに、若葉を多く食べると言うのです。
 
 
そうでしょうね。
 
 
やはり鹿のツノも食べ物が関係しているのです。
 
 
本能で、若葉を食べて、ツノを伸ばす栄養素を摂取しているのです。
 
 
人間の髪の毛も、食事による栄養素で生えるのです。
 
 
まずはスピルリナやレシチン、ドクダミ、コラーゲンなどを摂取してみましょう。
 
 
具体的な行動には、具体的な結果が現れます。
posted by 育毛マニュアル at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を育てる

2013年03月30日

プラセンタ育毛法で薄毛を治す

プラセンタ育毛法は効果の高い育毛方法です。



特徴は、プラセンタ商品の値段の幅がとても大きいということです。



数百円で購入する事が出来るプラセンタ商品も有れば、何万円もするプラセンタ商品も有るでしょう。


値段の違いは何なのでしょうか。


値段の違いが育毛の効果に違いが出るのでしょうか。

気軽に購入する事が出来るプラセンタ商品と言えば、サプリメントとパックです。


プラセンタサプリメントにも値段の差はありますが、安い物なら1000円2000円程度で購入する事が出来るでしょう。


勿論これは、一か月から二か月程度分です。


その為、気軽にプラセンタ育毛法を試したいのならサプリメントをお奨めします。


また、プラセンタパックも安い値段で購入する事が出来るでしょう。


パックは美肌用です。


プラセンタパックは最近は100円で購入できる物も増えて来ました。


最近は、100円程度で購入できる安いパックが増えて来ましたね。


プラセンタパックは保湿効果や美白効果、アンチエイジング効果が高く、気軽にプラセンタ効果を実感する事が出来るでしょう。

プラセンタ商品の中でも特に高いものは、プラセンタ原液なのでは無いでしょうか。

プラセンタの成分を凝縮した、プラセンタの原液は、数万円程する物も多いでしょう。


容量も小さく、頻繁に購入する事が出来るものでは有りませんが、手持ちのスキンケアに混ぜたり、スキンケアの最後に気になる部分に付けてみたりと様々な使い方が出来るでしょう。

他のプラセンタ商品よりも、より高い効果を実感する事が出来ると言われています。


値段は高いですが、プラセンタの効果をより実感したいのであれば、プラセンタ原液を購入してみても良いのでは無いでしょうか。



育毛においては、私は飲むプラセンタを実行しています。


薄毛治療法はプラセンタサプリ

K-Haer Sapuri ryouga(凌駕サプリ)



プラセンタで美と健康
http://biyoutop.blog.so-net.ne.jp/
posted by 育毛マニュアル at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を育てる

2013年05月25日

薄毛の人は髪が生える生活を始めること

薄毛やハゲになるのは、髪の毛が太く、長くなる前に抜けてしまうから。


ヘアサイクルが正常だと、大きく太くなりますが、異常だと、うぶ毛で抜けてしまう。


日本人男性の65歳では、3人に1人が薄毛、ハゲといえるようです。



漢方の育毛法によると、2つの行為によって、髪が生えます。


1.髪の毛のために良い栄養を口から取り入れて、育毛に役立つ血液をつくる。


2.育毛に役立つ血液を、毛乳頭、毛母細胞まで送り込む



ということです。



毛周期という髪の毛のヘアサイクルの乱れが、毛髪の寿命を短くしますが、それにはハゲ体質が関与しています。



このハゲ体質を改善することが結局は髪の毛を取り戻すことになるわけです。



ありがたいことに、


ハゲ体質は食べ物で変換させることができます。


まずは、野菜を取り入れることが大事です。



しいていえば、


ピーマン


ほうれんそう


ブロッコリー



ニンジン


などがよいのです。



野菜を食べると髪が生えるわけではないです。



ほかにも育毛においてはやるべきことがあります。



でも、


野菜を食べないと、発毛ができないわけです。
タグ:生える生活
posted by 育毛マニュアル at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を育てる